[PR] 中古パソコン たるたるカプチーノ サヨナラから始まる出会い 忍者ブログ

たるたるカプチーノ

アルザビコーヒーを飲みながら読むFF11コラム

[PR]

2017/11/19(Sun)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

サヨナラから始まる出会い

2007/02/10(Sat)

あれはかなーり前で、確か私が赤、相方が黒を上げてた時なので
3年ちょっと前の話になるのかな?

↓回想
レベル上げPTに誘ったメンバーの一人である狩人さんが、
ジュノから出発する前に、知り合いと立ち話をしているようでした。

やがて別れ際に相手が/goodbyeのエモを。
それに対して狩人さんは

  ・ごおdびぇ

  ・
  ・
  ・

「ごおdびぇ出たー!!」
←PT会話
「ネタには聞くけど本当にやる人初めて見た('∇')」←しつこくPT会話

これがキッカケで親しくなった人がいます。

ちなみにその狩人さんは、狩りの間ずっとTP報告マクロが
/p アーチングアロー<tp> ・ごおdびぇになってましたw



…とここで終わってもいいのですが、
駄文におつきあい下さる方は続きをどうぞ。↓



* * *
どんなオンラインゲームをやってても、
「友達ってどうやって作るの?」ってのは気になるとこだと思うのです。





※以後、文字ばっかりだと読みにくいので、画像は昔の楽しげな思い出写真をテキトーに(-_-)

実は私、FF以降にもRO、ECO、PSUとか、
他のオンラインゲームをちょこちょこやってみてるのですが
FF以外では、その世界のコミュニケーションの輪に入るキッカケが見つけられませんでした。
それでどのゲームもすぐ辞めてしまってるのです。

かと言って、FFが友達作りやすいのかというとそうでもなく、
私の場合、β時代には5日でFF辞めたという実績がっ!
そんときは確か、通りすがりの人に突然LSパール渡されて
それまでソロしかしたことがなかったのに、
パールつけたら知らない人がウジャウジャいて「よろー」とか言われて
怖くなってやらなくなっちゃったんだっけw

気の持ち方ひとつっていう話ではありますけど、慣れてない段階で知らない人ばっかの中に
自分から入っていくのって、かなり敷居が高いですよね。
ましてや一緒にプレイするとなるとかなりのプレッシャーが。

私も、今でこそFFではガンガン自分でリダして
レベル上げしたりシャウトで人を集めたりするけれど、
最初のジョブ(白)はLV30過ぎまで6人の野良PTに怖くて入れませんでした。





それで。
かつて5日でやめたFFXIβの思い出をふりかえってみると、
印象に残ってたのは以下のこと。
  ●辻ケアル
  ●ソロでゲルスバ特攻した時に、見知らぬ人に/cheerされたこと
  ●最終日にウィンでタルタルトレインしたこと


あのですね、私「FFのエモって便利だなぁ」と思うんです。
RO、ECO、PSUにもエモーション的なものはあるけど、
誰に対してしているかが分からないんですよね。
つまり不特定多数か、最初から自分を注目してる人(大抵は身内)にしか使えない、と。

そこいくとFFのエモは、エモだけでこちらに注意を向けることができるし
それのみで交流することだって不可能ではない。

通りすがりにさりげなく/cheerとか、
釣り場で他に人がいたら/bowで挨拶とか。
tellやsayよりもシンプルで、見ず知らずの人にも押し付けがましくなく、
かつ対象を明確に交流できるのが良いなぁと。
これがあったから、私はFFだけは続いたのかもしれません。




さらに良いと思うのは、押し付けがましさがないから
エモでの交流は積み重ねていけるということ。
一緒に遊ぶ機会はなくても、どこかですれ違うたびに/pokeや/waveしてもらえると
気にとめてくれてるんだな~って嬉しく感じます。

だから私も、フレ登録してなくても
顔なじみになった人や、何かのPTで印象に残ってた人には
すれ違ったらエモで挨拶するようにしています。
忘れられてることもあるけどキニシナイw

私自身、私は覚えてなかったけどいつもエモくれる人がいて
それで印象に残るようになって名前覚えた人がいますしね。
何事も積み重ねですよ!

最初の狩人さんの話も、その後マクロで・ごおdびぇを連呼してなければ
誤爆のことなんか忘れちゃってそこで終わってたかもしれませんw

そんでもって、そういう小さな積み重ねで交流に慣れていくことで、
「敷居が高い」と感じていたことにも
次第に自然な流れで入っていけるようになると思うんです。




少し話はそれますが、相方と私の関係にしたって
今の関係になる瞬間はとても劇的だったけれど
その「劇的なもの」とやらのフラグは
色んな日々の積み重ねがなければ発生しなかったでしょう。

人との出会いって、映画みたいなラッキーでドラマチックなものを期待しがちで
そういうのも有り得なくはないんだろうけど、
実際のとこは大半が地味ぃーな地味ぃーな数々の積み重ねの末に
知らない間にいつのまにか生まれて育ってる、
そんな感じなんだろうなって思います。

私なんかは、それが頭で分かっていてもたまに、いや結構、
「現実なんかこんなもんか」とかフテくされたりしてしまって。
本当は、そういう小さいことをないがしろにしていたら
いつまでたっても大切なものは生まれてこないのに。
分かっていても、それを実行し続けるのは難しいね。





* * *

なんかとりとめもなく書いてしまいました。
たぶん多くの人が「そんなの分かってるよ!」て事だと思うのでスミマセン。
むしろ当たり前のことになりすぎていて、
だからこそ改めて再認識してみたくなったというか。




最後に、個人的なこだわりをひとつ。
私はPTの解散とかで別れ際にエモをするとき、/goodbyeじゃなくて/waveする派なんです。

日本語だと「サヨナラ」の響きがなんとなーく寂しく感じるんですよね。
言葉の取り様だし、別に気にすることでもないけどっ。


でも・ごおdびぇは笑えるからおkですよwwww
PR

No.60|FF雑談Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



秘密コメントにする 

・秘密コメントにチェックを入れると、コメントはブログ上に表示されず
  管理人のみが閲覧できるコメントになります。

・passを入力しておくと送信後もコメントの修正ができます。

・現在「http://」が禁止ワードになっています。
  URLを書かれる場合は上記ワードを削って書いてください。

Pass 

Trackback

URL :