[PR] 中古パソコン たるたるカプチーノ 青ペア狩り日記 忍者ブログ

たるたるカプチーノ

アルザビコーヒーを飲みながら読むFF11コラム

[PR]

2019/06/17(Mon)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

青75になってしまった

2007/12/21(Fri)

前日まで72だったんですがっ。
ディセバラーニングとか、LV72にしてやっと実現したリフュエリングラーニングとか
その辺の記事全然まだ書きかけなんですがっ。

LV70台ともなれば、そうそうレベルは上がらない。
ましてや72からの狩場は、いつ行っても混み混みのインプ狩り。
これはもう最悪一ヶ月に1レベルペースも覚悟して
人の少ない休日の午前中とかを狙って少しずつ稼ぐしかない…!

と、山ごもりのごとく意気込みでヘディバの奥地にこもりましたら
まさかの二日間で72~75をアッサリ駆け抜けてしまったのです(゜-゜)
いやはやインプ天国はおそろしい。

とりあえず、青二人でのレベル上げ、LV75達成ですヽ^シ'ω')ノシ
始めた頃はできそうかもなぁ~と思いつつも、実はあまり本気にしてなかった。
青の多芸っぷりに感謝です。



 赤的に「え~なにそれズルイ」と思った
 青専用カコイイ片手剣を持つ夢も叶った!



二人パーティのよかったところは、

●マイナー狩場巡り
行くのが大変だったり、獲物の数が足りなかったりで
通常PTではあまり行かないような懐かし狩場や
マイナー狩場を巡れたのが新鮮でした。骨とか。骨とか。骨とか。
アトルガン以降はキキルンと骨とアーンぐらいでしたけど。
本当はお空のデコポンで75になる計画を立てていたけれど
やっぱりインプ天国の誘惑には勝てなかったw

●かなり【エキサイト】
二人で盾も回復も補助も寝かしも
アタッカーも全部やらなければならないので忙しい!
ソロよりも安定するけれど、相手のフォローっていうソロにはない仕事があるので
ソロとはまたちょっと違うスリルがあるんじゃないでしょーか。

●思う存分ひゃっほいできる
青魔法はとてとて相手だと単発の青魔法が当たりにくかったり
ヘッドとか当たってもスタンが発動しなかったりしますが、
二人PTだと相手にするのは基本的につよ~とてでしたので
そのへんのストレスとは無縁で戦闘できたと思います。

まぁその代わりに不意だまBCデスシとか派手な見せ場はないし
メッタ打ちがF.リップ覚えるまで余裕で現役だったりしますけど…(´ _ `)


* * *

私も気がつけばいろんなジョブが75ですが
今回のレベル上げが一番充実していたし、楽しめたと思います!
青はいろんなジョブの真似事ができるだけあって
狩場や獲物の知識、他ジョブでの経験などすべて生かした
今までの総集編みたいな感じでしたヽ(,,・∀・,,)ノ

さー、あとはやり残したラーニングとメリポだ~。
その前に、ずっとやりたかった青でビシージに初参戦するんだっ。








いきなり負けた(´・ω:;.:...
PR

No.145|青ペア狩り日記Comment(7)Trackback(0)

サルタSでカエルの夢を見る

2007/12/06(Thu)

相方と二人で、初めて訪れる過去ウィンを目指して移動中の時のこと。

  「そういや、サルタにカエルいるかな」
  「なして?」
  「過去の三国周辺には、それぞれの土地に由来する新モンスターが配置されてて
    一応カエルの生まれはウィンダス方面らしい」
  「だから過去のウィンダスにはカエルがいる可能性がある」

  「へー」


この会話がうちらにとって、一体何を意味しているのかと言うと。

ラーニングで苦労すると言われている青魔法のひとつ、マジックハンマー。
もし過去のサルタバルタに本当にカエルがいるならば、
マムークで強くて魅了してくるあの恐怖のポロッゴと戦わなくても
楽にラーニングできるかもしれない!ってことですよ。
おぉ、こんなところに恩恵があろうとは。アルタナ最高!ビバアルタナ!


ヴァナモンさんによると、西サルタバルタ〔S〕には
確かにToadという名前のいかにもカエルっぽいのがいるようです。
ただ、種族がリザードになってるけど。はて。

まぁスライムとクロットが同じWSを使ってくるという例もあるし
とりあえず一回試してみようと、サポ狩でToadを探し出しました。
お、なんやら魔法塔の周りにいたー。


強さは練習だったので、ハートステッキでポコポコ。ほやーおりゃー。



 CartierはToadを倒した。

あれ・・・・。
気を取り直してもう一匹。



 CartierはToadを倒した。

あれ。



  「こいつWSなくね?(-w-)」
  「そ、そんなバカなーーー」



~~~ 完 ~~~






  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |  企 画 倒 れ  |
  |_________|
     ∧∧ ||
    ( ゚ д゚)||
    / づ Φ


おとなしく「翠緑のむこうへ」クエでラーニングしてきますね(^ω^)


■ラーニング行ってきました→後日談はこちら。




これだけではなんかスッキリしないので
ちょっとこのカエルちゃんについて調べてみましたよ。


設定によると、Toadははるか昔からウィンダスに生息しており
弱っちくて路上で踏みつぶされているのを哀れに思ったサマリリというタルタルが
禁呪で獣人化させたのがポロッゴの出生の秘密なんだとか。
ああ、そういやポロッゴが実装された時にそんな解説を読んだな~。

※参考リンク:
動物のお姉さんアテルーネ ~獣人ポロッゴ族の話~


ちなみにこの時、ウィンダスは大パニックになり
ポロッゴはあっという間に駆除されてしまったそーです。

サマリリのことはアテルーネも「世間知らず」と評していますが
実際いーとこのお嬢様だったようで、平和活動家として活動していたものの
タルタルの最高機密だった魔法技術を敵であるサンドリアにリークしたり
ポロッゴ事件でウィンダスをパニックにしたりと、
微妙にズレてるというか、毒を以って毒を制すというか…やることが過激。
実際ウィンダスの歴史上でも、平和になって認識が改められる近年までは
国家犯罪者として存在を抹消されていたそうですし…

でもこのサマリリ嬢の事件は、過去世界から見ても460年近くも昔の話。
なんだかんだ言ってその間、Toadは生存していたことになります。
それがなぜその後20年で滅んでしまったのか。

てゆーか20年前から現在まで三国周辺に生息し続けてるモンスより
明らかにレベル高くて強いモンスの方が軒並み絶滅してるって矛盾してるよね('Д')
サンドリアの新クエスト「アテルーネの悩み」をやると
某モンスターが滅んでしまった理由はそれとなく分かったりしますが。


* * *

ヴァナモンさんによるとサルタにはToadだけじゃなくて
Poroggo Gentという名前のポロッゴもいるみたいです。
ただ、広域サーチではその存在を確認することができず。NMなのかな。

何でもナイズルに出てくるポロッゴと同じ名前だそうで
私はナイズル経験ないのでよく分かりませんが強いのかしら~。
このような経歴を持つモンスだけに、Toad乱獲してると突然popしたりしそーです。


Toadと戦闘してみたらなんか続々リンクしてくるし
8匹リンクしたら巨大カエルに変身するのかと一瞬身構えてしまった私は
DS版ドラクエ4を移民の町まで行ったところで好評放置中(゜∇゜)
このカエルにしろ、ピクシーにしろ花マンドラにしろ
見た目はかわいいけど、倒すと恨みがたまるとか
何かしっぺ返しが来そうでコワくて戦えませんw

WSないならレベル上げの獲物にいーのかもしんない。
でも間隔かなり速いのでどーでしょうね。あとやっててすごーく退屈そうw

ポロッゴがToadの抽選popだったとして、マムークのよりレベルが低いなら
がんばって狩って沸かせるのもアリかもしれませんが…
いや、できればそのために実装されたと思いたい(´д`)






ああっ、もしかしてToadが絶滅したのは
NMでラーニングしようと目論んだ、未来から来た青魔道士のせいとかっ!?((((゜Д゜;)))




【参考リンク】
動物のお姉さんアテルーネ ~獣人ポロッゴ族の話~ (FFXI公式サイト

世界設定年表 (FFXI世界設定(仮2)

ウィンダス史(3)連邦勢力の斜陽化 (ガルカ単騎-世界研究)

サマリリ (FF11用語辞典 ~ ウィンダスの仲間たち版

No.141|青ペア狩り日記Comment(0)Trackback(0)

メッタ打ちのないメッタ打ち(青66〜71)

2007/12/04(Tue)

一ヶ月ぶりの青日記でごんす。
狩場が変わるごとに書いてきた日記でしたが、最近書く機会が減ってきた…

とゆーのも、nextが増えてレベルが上がりにくくなってきたのと、
今までは2レベル区切りでいろんな狩場を転々としていたのが
アトルガン狩場になってからは選択肢の少なさから
ちょっと早いかな~というレベルから通い始めてしまうため、
ひとつの狩場に滞在してる期間が長いからなのですね。

てゆーかアトルガン来て以降、LV75までの獲物が
コリブリとインプのみで終わりそうですよ(´д`)うーむ。




LV66からバフラウのコリブリ狩りを始めました。通称無印コリブリってやつです。
66だとちょっと強すぎる気もする。でも他にいい狩場ないし(´ _ `)




無印コリブリは魔法をカウンターしてくるので構成を選ぶらしく、
通常パーティでは大人気ってほどでもないみたいですが
生息数が少ないのが気になるところ。

加えて獣使い&竜騎士の定番のソロ狩場でもあるし(特に獣使いはいつもいる!)
LV75の人も狩りに来るしで、それら全部含めてバフラウ全体で2~4組が限界です。

狩場が空いてなくて、女帝の専心分消費のみでログアウトした日も何度か…
現場でログアウト→ログイン→ログアウトな日々を繰り返しながら
ちびちびと稼いで…いたら卒業するまでに一ヶ月もかかってしまった!w


* * *

さて、最初は以前レッサーコリブリをやった時のように
メッタとかでタゲ回ししながら普通に殴って倒していたのですが~
だいぶ格上なので殴りのミス多い、ヘッド外れる、しかもTP吸われる(´д`)
一匹倒すのに1分以上かかってしまっている!むーんこれはイマイチだ。
そこで。戦法を改めてみることにしました。


「これさー、魔法連打で倒してみない?」
「それでもいいか」


いわゆるペット狩りソロの人がやる戦法です。よね。
今までこういう戦い方をしたことがなかったから、一度やってみたかったんだw

…ということでリフレセットをヒーリングセットに変更。
どうせ毎回ヒーリングするから、とMP吸収キッスも外し。
タゲ取り用にずっと愛用してきたメッタを外し、羽根吹雪に変更。

祝☆メッタ打ち卒業(゜∇゜)

LV66にしてついに!ようやく!とうとう!完全に!!
メッタ打ちを卒業しました!!www
でもメッタ打ち使わないのに魔法はメッタ打ちとはこれイカに(σ・∀・)σ



最初はヘッドを二人で交互にばらまきながら
F.リップを軸に、Mバイトやら次元殺やら使える魔法を片っ端から連打連打!

慣れてレベルも上がってくるとちょっとスタイルは変わってきて、
ヘッドを交互にばらまくのは変わらず
一番MP効率のよい羽根吹雪を軸にリキャストごとに使い
本気でタゲ取りする時にBCF.リップ…という感じになってました。
それ以外の攻撃魔法はタゲ向かない時とか、トドメであと一手が欲しい時のみ。

魔法連打モードはコロロカミミズ以来だ(´∀`)
あの時はヘッドとメッタしかなかったけど、
今は緩急をつけて攻められるのがテンポ良くて楽しい。
あとヒーリングで休憩時間があるのもうれしいw
このスタイルをするにも、やっぱりF.リップの存在はすごく大きいな~。
これ以降はこっちのスタイルが主体になっていくのかな。


最初は2チェーンまでしかできなかったけど
67から4チェーン、68からはヒーリング時間を調整して5チェーンできるようになり、
69になると連戦する余裕も出てきて再びリフレセットとMP吸収キッスが復活!
ここは70までかな~と思ってたけど、結局71まで居座ってしまいました。




【おまけ】



「ビシージきたー」
「俺のおっかけがいっぱい来るな」





「コリブリが見えない…(-w-)」

メデューサ様ご一行の大行進で狩りが中断すること2回@アルザダール前。
ここでレベル上げして分かったこと…
ビシージ行進中はコリブリとか普通の敵がいなくなるっ!
(表示の優先度がビシージの敵より低くて見えないのかも)


↓続きは魔法セットです
続きを読む

No.140|青ペア狩り日記Comment(0)Trackback(0)