[PR] 中古パソコン たるたるカプチーノ 相方観察事件簿 忍者ブログ

たるたるカプチーノ

アルザビコーヒーを飲みながら読むFF11コラム

[PR]

2018/12/14(Fri)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

空ヴァラる

2010/03/21(Sun)

LV75ジョブの保険稼ぎついでにつきあってもらっていた空ヴァラでしたが
相方の前衛ジョブが保険まんぱんになってしまったので
今度は前衛と後衛を交代することになりました。

普段あんまり前衛やらないから新鮮だなー。
しかも空ヴァラぐらいの敵って弱すぎず強すぎず、
前衛が一番ストレスなくダメージ出せるレベルだしね。
特に私のシーフでもそれなりに強いのがうれしいw あ、突特性ですか。なるほど。
わーこんなことならもうちょっとマジメにスカ脚作っておけばよかった!

  「すごーいシーフつよーい短剣にメリポふる!」
  「そんなでも。」


しかし大はしゃぎの私とは対照的に
後衛役になった相方はつれない態度なのであった。



  「シーフ思ったよりダメ出るなぁ」
  「俺の赤も一撃130出てるけどな。」
 ←エン2ダメージ込み
  「殴るのもTPたまるのも速いわー(´∀`*)」
  「すべて俺のおかげ(-w-)キリキリ働けよタル前衛」


・・・な、なんかごきげんななめデスカ(´д`;)


しかし普段前衛で殴られ役やってる相方と比べると
私の前衛はえらく被弾が多い…ような気がする。
これが受け流しやガードスキルの差ってやつなのかしら。
タルタルでHP黄色になるのも早いから余計に被弾が気になるわね!

にもかかわらず、ペアを組んでいるのはまるで座る気のないヴぁーん後衛。
彼のMPは思いっきり節約モードに入っており
ケアルが溢れないよう効率よくケアルするためギリギリまで粘られます。
最高で残HP200ぐらいまで放置プレイされました(´A`)

  「しんじゃう><」
  「しんじゃうじゃねー被弾多すぎだろタルシーフ(-w-)」


いちいち種族名で呼ぶのやめてもらえませんか><



そんな相方は後衛ジョブであっても殴ることは決して欠かさない。
白のサポはシーフ、不意ミスティックブーンでMP回復。
赤は自分がテレポするためサポ白でしたが手にはジュワユースで上記のセリフ。
そして詩人はサポ踊り子で歌い舞い殴る。
あぁっ踊り子実装時の夢「歌って踊れる詩人」が実現されてるッ…




この詩/踊が予想以上に素晴らしくて
マンボ&マーチ(orメヌ)歌いつつ殴ってサンバとワルツ。
相方が言うには回避装備してマチマチの方が効率良いらしいけど
そんなもん私持って来てませんでしたので(゜∇゜)

ジュワ持ってるかどうかでだいぶ効率違うとは思うものの
赤/白でケアルしてるよりよっぽど楽だったらしいですよw
それに詩/踊は魔法感知を一切気にしなくていいのも便利。

以前、高レベルジョブが詩人しかなかったころ、
2人で遊ぶ時の詩人の支援力の弱さにはがゆい思いをした私としては
詩/踊の活躍には目ウロコ状態です。
きっと回避の高いシーフとの相性も良かったんですね。




ええい恩着せがましい男はモテませんぞ(`Д´)


PR

No.301|相方観察事件簿Comment(2)Trackback(0)

相方Himeちゃん伝

2009/08/06(Thu)

FFネタは相方に任せておこうと
お布団でダラダラとドラクエやっていたら、
相方が会社の人たちとThe Tower of AIONとかいうネトゲ始めてしまった。
ぴんちですw

メンバーは主に元PC版モンハン仲間で、MMO経験者はほとんどなし。
ゲーム自体が面白いかどうかはさておいて
Skypeで5~6人でワイワイ喋りながらなのは楽しそうだなぁ。
結構みんな歯に衣着せない感じだけど、
文字チャットだとヘンに真に受ける人がいそうな内容も和気藹藹と喋ってるw
字ヅラによる誤解をされにくいのはボイスチャットのいいところですね。
ちなみにFFで同じサーバに移転してきたさん
PCのスペックが足りずAIONには来れなかったらしい(ノ∀`)


相方はというと、♀キャラでキュアウイングという回復役をやっています。
エル♀みたいな外見で敵を鈍器撲殺してるので
白姫と言うにはほど遠いイメージですが…

しかし会話をぼんやり聞いてると、なんかえらい相方べったりな人がおる(-w-)
この方は、メンバーの中では珍しくMMO経験者で
以前FFでタルシーフをやっていたそうです。
その割には行動がどんくさくてよく相方にイジられていますw

クラスはシールドウイングという盾役をやってらっさいます。
目の前でPvPが始まると誰よりも早く逃げ出すため、盾の意味ねぇともっぱらの評判。
この人のおかげで相方がまさかの姫状態です。姫っていうか女王様?(・ω・`)
以下、二人の会話をお伝えします…




◆キャスト  =相方、白  =Aさん(仮名)ナイト

ここはFFブログですし
用語は分かりやすいように適当にFF用語に変換します(・ω・)
会話が大阪弁なのはカンベンしてくださいw



[続きを読む]

No.262|相方観察事件簿Comment(0)Trackback(0)

なくて七癖

2009/07/02(Thu)

最近、自分がFFする頻度が落ちたぶん
相方がFFしてるのを後ろで眺めてることが多いです。

一挙一動についブツブツ言ってしまうので相方はやりにくそうです(・ω・)
長年同じゲームやってるとこう手足を動かすような感覚になってしまって
ちょっと違和感あるとすごく気になってしまうというか。
他人の車の運転につい口出ししたくなる感覚と似てる、と思った。
いや私免許持ってないんですけどね。
すみませんこういう人ウザイですよね。ごめんなさいごめんなさい。

何が気になるかっつーとコレですよ。


◆デュナミスにて【私の視点】


◆デュナミスにて【相方の視点(再現)】




そう、相方は戦闘中に敵を見ていない。

あああああなんかイライラするぅぅぅぅ(´A`)


…とかあんまり言うとイヤがられるだろうから黙っていますが
正直見ていてすごくキモチワルイw
何がって普段見てるものが見えないもんだから
画面から分かる情報が少なくてもどかしい。なんか目隠しされてる気分。

なんでそういう視点なのか相方に聞いてみたところ

「え、画面にごちゃごちゃ映ってると重いしウザイ」

…だそうだ。
私よりベンチスコア3500も上のPC使ってるくせにぃぃぃ(゜Д゜)

寝かせた敵が起きて殴りに来るかもしんないとか
他の人が起きた敵に殴られたりとかあるじゃん。
そういうのちゃんと見てなきゃ咄嗟にフォローできないじゃん(`Д´)


どうも私は、戦闘してるとき全体の光景が見渡せないと落ち着かないらしい。
だから前衛やってて目の前の敵しか見えない状態なのも実は苦手だったり…
というか視界が狭いと画面に酔ってしまうのね。
カメラも常に最大限ズームアウトした状態だし、
そういや一番最初マイキャラはエル♀だったのにタルに変えた理由も
タルの方がキャラが小さくて周りがよく見えるからだったっけ…(´∀`;)

でも相方も私に指摘されるまで無意識にそうしてたようで
「なんで俺敵見てないんだろ(-w-)」て自分で言ってましたw
ちなみに相方、前衛の時ですら戦闘中の敵が画面に映ってません!



* * *

あと、もいっこ気になること。

相方は(後衛のとき)戦闘中の敵をタゲっていない。

たくさん敵がいる乱戦中は分かるけど
戦闘に時間のかかるボス戦でもまったく見てない!
まぁこれは敵の残りHP見るだけだから自己満足だけどなんかキモチワルイ。
一応、HP残り何割から特定のWSが来るからーみたいな情報もありますじゃん(´A`)

これは一度

  「ちょっと、ボスのHPタゲってよ」
  「今無理」
  「なんでただタゲるだけが無理とか意味分かんね(`Д´)」
  「死ぬよ」
  「えっ」
  「敵タゲると死ぬ」
  「意味分かんねヽ(`Д´)ノ」


みたいなやりとりでケンカになりましたwww


なぜ敵をタゲれないのか。これは後で、相方の後衛マクロの代名詞が全部
<st>や<stnpc>じゃなくて<t>を使ってるせいだということが判明(-w-)

たとえば、私のスリプルやケアルといったマクロは
/ma スリプル <stnpc> /ma ケアル <st>という感じ。

相方のは、まず敵をタゲるマクロ/ta <stnpc>で該当する敵をタゲってから
/ma スリプル <t>などの各マクロにシフトするそうな。

このマクロのメリットとしては、
起こしかけたアクションを中断してすぐ別のアクションが起こせるというのが本人談。
たとえばパライズしようとしてたけど、咄嗟にサイレスが必要になったとき
<stnpc>のサブカーソルだと(複数敵がいたら)タゲ合わせからやり直しになる。
けど<t>ならマクロをシフトさせるだけでおk!…ということらしいです。
言われてみたらなるほどねー。

…とも思ったから試しに私もマクロ真似てみたけど
もう完全に手が<stnpc>に馴染んじゃっててムリでしたw
相方も<t>に馴染んじゃって今さら変えられないんだろうな。
そういや私も新しく実装された<stpt>とかまったく使ってないわ~。


突き詰めるとだいたい似たようなプレイになるFFも
細かいところでのクセは結構違うもんなのね!というお話でした。
皆さんはどんな感じでやってますか('~')

No.255|相方観察事件簿Comment(7)Trackback(0)